アヤナスを公式HP、アマゾン、楽天、@コスメで比較 どこが一番お得に買える?

ストレスによる肌の揺らぎにとことん向き合った、アヤナス。肌を労りながらエイジングケアに重きを置くディセンシアからの展開です。アヤナスは、誰にでも起こりうる敏感肌の特性を研究することで、肌へのダメージを軽減しながら優しく、健やかな肌を保つことを目指しました。

アヤナスの最大の特徴は、敏感肌処方を施しつつエイジングケアを行うシステム。

パルマリン、ジンセンX、ビルベリー葉エキスを複合し、ディセンシア独自の成分を作り上げました。これを、ストレスバリアコンプレックスと呼び、心理ストレスによる肌への負担を内側からケアすることを目的としています。
さらに、ディセンシアの特許技術であるヴァイタサイクルヴェールは、肌バリアの乱れた角質層にうるおいを与え、正常なターンオーバーを蘇らせる効果が期待されます。高保湿成分であるセラミドの、約4倍もの浸透力を持つセラミドナノスフィアを採用し、肌の奥まで保湿成分を届けます。さらに、コウキエキスで炎症を抑制することでニキビや吹き出物の発生を抑えます。そして、CVアルギネートによってコラーゲンの生成をサポートし、ハリ・弾力に満ちた若々しい肌を作り出します。シモツケソウエキスは、近日注目される糖化にアプローチするというエイジングケアには欠かせない働きを持ちます。ローズマリーエキスは、肌のトーンが暗くなりがちな年代に向けたくすみ防止成分です。

これら成分を駆使したエイジングケア、自分の肌で試してみたいと思いませんか?

アヤナスを購入する方法は、アマゾン、楽天、@コスメ、公式サイトがあります。それぞれを比較しましたので、是非参考にしてみてくださいね。

・アマゾン

アマゾンでも、アヤナスの取り扱いは行っているようです。レビューも上々で、満足感を得ている方が多くいました。しかし、巨大な倉庫を持つアマゾンでさえも、アヤナスのラインを揃えるには全てを扱っていないようです。ローションのみの取り扱いであったり、クリームのみであったりと、ライン使いでさらなる効果を発揮するアヤナスにとって、アマゾンは単品の購入のみの販売が目立ちました。しかも、リニューアル前の商品を提示していたり、在庫切れも多く、再入荷にはしばらく日数が必要なようでした。

・楽天

楽天は様々な店舗が出品する巨大なショッピングサイト。ポイントの還元率が良いことでも知られていますね。楽天では、もちろん、アヤナスも販売されています。こちらはリニューアル後の新しいアヤナスが、数々の店舗から出品されています。しかし、定価よりも2000円ほど高額な値段で販売されていました。送料も一定金額以上の購入でないとプラスされるようです。総合して考えると、かなり高い買い物になってしまいそうですね。
こちらも、クリームやローションのみの取り扱いが多く、楽天からライン一式を購入するのは難しそうです。

・@コスメ

美容に関連するものはありとあらゆる口コミの対象となる、@コスメ。コスメ選びの参考にしているという方も多いのではないでしょうか。@コスメは、@cosme shopping という姉妹サイトがあり、こちらからアヤナスの購入が可能となっています。リニューアル後の新しいアヤナスの取り扱いも、ライン一式も、揃えられています。こちらでの購入は、価格にほとんど相違なく、送料も無料のようです。しかし、定期購入コースなどはなく、継続して使用したい方にはやや割高となる傾向にあります。

・公式サイト

ディセンシアが展開する、アヤナスの公式サイトからの購入も可能です。公式サイトですから、品切れや再入荷待ちに頭を悩ませることもありません。送料は、一品のみの注文でも、ディセンシアが負担するため、かかりません。振込手数料も無料となっています。
また、公式サイト最大の特徴である定期購入コースは、定価の10%オフでの購入が可能となっています。長く使い続けるスキンケアアイテムですから、わざわざ購入の手続きを何度もしなくて良く、定期的に自宅まで届けてくれるのはとても魅力的ですよね。
トライアルセット、トラベルセットなどの取り扱いも行っています。
ディセンシアでは、ポイント制度もあり、ポイントが貯まることによって、女性ならば誰もが喜ぶであろうプレゼントと交換できるシステムがあります。これはうれしいシステムですよね。
また、万が一肌に合わないなどの返品についても受付が可能です。公式サイトならではのサポートもあるため、不明な点は電話などで問い合わせることもできます。

それぞれのサイトを比較してみましたが、いかがでしょうか。
総合して考えると、公式サイトからの継続した購入が最も求めやすい価格になり、かつ素敵なプレゼントと交換できるポイントも付くということが分かりました。ストレスによって揺らぎやすい肌ですから、同じものを使い続けて安定させてあげるのも重要ではないでしょうか。”

コメントは受け付けていません。